サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。

S-PA 標準言語性対連合学習検査

S-PA 標準言語性対連合学習検査
Standard verbal paired-associate learning test

 

編集者

日本高次脳機能障害学会

 

著者

日本高次脳機能障害学会
Brain Function Test委員会 新記憶検査作製小委員会

 

適応年齢

16歳~84歳
(対応すべきでない病態:失語症)

 

所要時間

10分程度

 

保険点数

区分 D285-2

点数 280点

 

特徴

 新しい言語性記憶検査が発売されました!

本検査は日本高次脳機能障害学会より開発された、言語性記憶(言われた内容を覚えている、約束を覚えている、また自らが予定したことを行う時などに必要な言語を用いた記憶)を把握するための検査である。時代を考慮した対語の選択と、全国レベルでデータ収集を実施、さらに年齢別の判定基準を導入し、標準化が行われたことが大きな特徴となっている。

構成

 本検査は有関係対語(意味的に関連のある単語)10対と、無関係対語(意味的関連が希薄な単語)10対より構成されている。
その組み合わせを検査者が読み上げ、被検査者に記憶してもらい、その後、単語対のはじめの単語を提示して、その語と対をなしていたもう一方の単語を応えてもらうものである。
本検査では、用いる単語を時代を考慮して選出し、有関係・無関係対語試験の組み合わせを3セット(セットA.B.C)用意。

スコアリングシートと検査用紙が1枚になっており、検査用紙に記憶した有関係・無関係対語試験の正答数を、スコアリングシートに転記し判定が進められるようになっている。

目次

Ⅰ.標準言語性対連合学習検査の開発

1.基本方針

2.検査セットの作製

3.健常データの収集方針

4.健常データの分析

5.健常者データからみた基準値の設定

6.症例データの収集方針

7.症例データからみた判定基準の妥当性

8.症例提示

 

 Ⅱ検査の実施方法

1.適応基準

2.実施方法

3.結果の判定方法

 

価格

検査名:S-PA 標準言語性対連合学習検査

マニュアルセット
(ケース入り)

商品コード

016-017

税込価格

4,860円

■セット内容■

マニュアル(A4判 72頁) 1部

スコアリングシート・検査用紙
(セットA.B.C)各5部
※マニュアルのみの販売はいたしておりません。

別売 スコアリングシート・
検査用紙 1箱

商品コード

016-016

税込価格

4,320円 

■セット内容■

(3種類 A3用紙(2つ折))
セットA 20部

セットB 20部

セットC 20部

※用紙のバラでの販売はいたしておりません。

 


関連カテゴリ 老人精神機能測定・リハビリ関係検査