サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。
>
書籍一覧
>
発達障害の理解と支援のためのアセスメント

発達障害の理解と支援のためのアセスメント

※画像提供:日本文化科学社

前川久男 梅永雄二 中山健 編

 

発行

日本文化科学社

 

価格

 3,024円(税込)

 

商品コード

001-5073

 

概要

ヴィゴツキー―ルリアの考え方を中心に,発達障害児・者へのアセスメントの重要性を説き、「幼児期のアセスメント」 「障害種別に特化したアセスメント」 「ダイナミック・アセスメント」「職業アセスメント」 等、様々な切り口からアセスメントの実際を紹介した書籍となっています。
また、第3章の「心理検査を用いたアセスメント」では、DN-CAS、WISC-IV、WAIS-IIIを個別に取り上げ、それぞれ検査の概要から具体的事例までを紹介しています。  

著者・編集者紹介

【編者紹介】(第1刷発行時)

前川 久男(まえかわ ひさお)
筑波大学 名誉教授
主要著書:『日本版WAIS-Rの理論と臨床―実践的利用のための詳しい解説―』(共編、日本文化科学社)、『WISC-IIIアセスメント事例集―理論と実際―』(共編、日本文化科学社)、『講座臨床心理学③ 教育臨床心理学』(共編、コレール社)、『理解と支援の特別支援教育〈2訂版〉』(共編、コレール社)、『日本版WAIS-IIIの解釈事例と臨床研究』(共編、日本文化科学社)

梅永 雄二(うめなが ゆうじ)
宇都宮大学 教育学部 教授
主要著書:『発達障害者の雇用支援ノート』(金剛出版)、『LD・ADHD・アスペルガー症候群児の進路とサポート』(明治図書出版)、『自閉症の人の自立をめざして―ノースカロライナにおけるTEACCHプログラムに学ぶ―』(北樹出版)、『こんなサポートがあれば!―LD、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症の人たち自身の声―』1~3(編著、エンパワメント研究所)

中山 健(なかやま たけし)
福岡教育大学 教育総合研究所 附属特別支援教育センター 准教授
主要著書:『特別支援教育Q&A―支援の視点と実際―』(共著、ジアース教育新社)、『子どもの心の診療シリーズ2 発達障害とその周辺の問題』(共著、中山書店)、『障害特性の理解と発達援助[第2版]―教育・心理・福祉のためのエッセンス―』(共著、ナカニシヤ出版)、『教職専門叢書⑨ 障害児教育の基礎と展開』(共著、コレール社)

書籍目次詳細
序 文
第1章 発達障害のアセスメントとその目的
 1 ヴィゴツキーとルリアからアセスメントを考える
 2 機能システムとしての分析
 3 アセスメントから支援、指導へ
 4 プランニング(実行機能)の発達と支援
 5 おわりに
第2章 幼児期のアセスメント
 1 はじめに
 2 幼児期の育ちと活動(生活)
 3 幼児期の子どもの発達アセスメントの検討―オーダリング・アナリシス―
 4 具体的事例
 5 おわりに
第3章 心理検査を用いたアセスメント
 第1節 DN-CASによるアセスメント
 1 知能のPASS理論とDN-CAS
 2 DN-CASとその下位検査の開発
 3 DN-CASの結果の解釈
 4 DN-CASによるアセスメント事例
 5 DN-CASをめぐって
 6 おわりに
 第2節 WISC-IVによるアセスメント
 1 WISC-IVの概略
 2 アセスメントの対象
 3 日本版WISC-IVの実施と解釈の仕方
 4 具体的事例
 第3節 WAIS-IIIによるアセスメント
 1 アセスメントの概略
 2 どのような対象者に有効か
 3 実施と解釈の仕方
 4 具体的事例
第4章 障害種別に特化したアセスメント
 第1節 読み障害へのアセスメント
 1 アセスメントの概略
 2 どのような対象者に有効か
 3 アセスメントの実施と解釈
 4 具体的事例
 第2節 ADHDへのアセスメント
 1 ADHDの概略
 2 個別実施検査による評価
 3 評定尺度による評価
 4 具体的事例
 第3節 自閉症へのアセスメント(1)―TEACCHプログラム―
 1 はじめに
 2 CARS
 3 PEP-3
 4 TTAP
 第4節 自閉症へのアセスメント(2)―ADOS、ADI-R他―
 1 質問紙によるアセスメント
 2 構造化面接と行動観察によるASD当事者のアセスメント
 3 養育者からの聞き取りによるアセスメント
 4 まとめ
第5章 ダイナミック・アセスメント
 1 ダイナミック・アセスメントの概要
 2 発達障害児教育におけるDAとその活用
 3 カリキュラム依拠DAの実際
 4 おわりに
第6章 職業アセスメント
 1 職業アセスメントの必要性
 2 職業アセスメントとは
 3 職業アセスメントの視点
 4 職業アセスメントで把握すべき情報とその方法
索 引
あとがき

 

 


関連カテゴリ 発達