サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。

クリニック小児科

小児科があるクリニック・病院などでご利用されている検査一覧です。

下記カテゴリーからもご覧いただけます。


カテゴリー一覧

医療関係で使われる検査 クリニック心療内科で使われる検査
リハビリ関係で使われる検査 言語関係で使われる検査
保健師の方が使われる検査 児童相談・教育相談関係で使われる検査

 

MEPA-R ムーブメント教育・療法プログラムアセスメント

所要時間

40分

適用年齢

0ヶ月~72ヶ月

子どもの発達を、運動・感覚(姿勢、移動、技巧)、言語(受容言語、表出言語)、社会性(対人関係)の3分野6領域にわたりチェックし、それぞれの指導方針を示します。

遠城寺式乳幼児分析的発達検査

所要時間

 

適用年齢

0ヶ月~4歳7ヶ月

本検査の特徴は、乳幼児発達の傾向を全般的にわたって分析し、その子の発達の個性を見出すことである。特に心身障害児の発達状況を比較的簡単に検査し、発達グラフにあらわして、一見して発達障害の部位や程度を把握できる。

DENVER II デンバー発達判定法

所要時間

 

適用年齢

0歳~6歳

本検査法は子どもの異常を早期に発見する一次スクリーニングです。

 

USDT 上田式子どもの発達簡易検査

所要時間

 

適用年齢

0歳~6歳

この検査は、乳幼児発達の個人差の幅を考慮しながら、早期の支援に結びつける事を目的に作成されています。

KIDS 乳幼児発達スケール

所要時間

10分~15分

適用年齢

0歳1ヶ月~6歳11ヶ月

乳幼児の自然な行動全般から発達を捉えることができ、場所・時間の制限を受けずにどこでも短時間で診断できる。

津守式乳幼児精神発達検査

所要時間

 

適用年齢

0歳~7歳

この診断法は、質問紙の使用により、母親(または、主な養育者)に乳幼児の発達状況をたずね、その結果を整理することにより精神発達の診断をしようとするものである。

 

認知・言語促進プログラム

所要時間

 

適用年齢

6ヶ月~6歳

認知・言語促進プログラム(通称:NC-プログラム)は、のぞみ発達クリニックで開発された発達障害児のための指導プログラムです。

 

新版S-M社会生活能力検査

所要時間

約20分

適用年齢

乳幼児~中学生

子どもの日常生活での行動が検査の対象となるため、子どもの行動をよく知っている保護者への質問紙によって検査をします。

国リハ式<S-S法>言語発達遅滞検査

所要時間

 

適用年齢

1歳~6歳

発達レベル1歳前後~小学校就学前まで、言語の記号形式-指示内容関係の段階に即した一貫した評価ができます。

 

大脇式知的障害児用知能検査器

所要時間

 

適用年齢

精神年齢
1歳10ヶ月~6歳

知的障害児が知能検査を受けた場合、「測定不能」が出やすい中、当検査は4原色のブロックを使用する事で実際的な測定可能範囲を広げた検査です。

改訂版 随意運動発達検査

所要時間

20分~30分

適用年齢

2歳~6歳11ヶ月

運動パターンを幼児に模倣させる手続きにより、随意運動の発達特徴を診断することができます。

 

ノンバーバル検査

所要時間

 

適用年齢

2歳~8歳

本検査は、「ことば」をほとんど使わず、問題を全てジェスチャーで教示し、パフォーマンス(動作)で応えさせる。ことばがでない子、聴覚障害の子などの発達診断に有効。

PEP-3 自閉児・発達障害児教育診断検査 [三訂版]

所要時間

 

適用年齢

2歳~12歳

用具をフルに使って、子どもが楽しく遊ぶ場面を直接観察しながら診断ができます。

 

改訂版 鈴木ビネー知能検査

所要時間

30分~50分

適用年齢

2歳~18歳11ヵ月

鈴木ビネー知能検査の改訂版。

問題に取り組む子どもの姿勢を尊重し、その特質を診ることを目的としている為、むやみに制限時間を設けていません。

 

田中ビネー知能検査V

所要時間

 

適用年齢

2歳~成人

田中ビネー知能検査87年度全訂版を2005年に改訂した検査です。時代に即した知的尺度に変更、発達状態をチェックできる項目を作成したなどの変更があります。

 

JMAP 日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査

所要時間

 

適用年齢

2歳9ヶ月~6歳2ヶ月

感覚運動、言語、非言語的認知能力など、発達全般にわたる全26項目の評価項目によりなる就学前幼児を対象とした発達スタリーニング検査です。

TS式 幼児・児童性格診断検査

所要時間

30分

適用年齢

3歳~

診断項目:顕示性・神経質・情緒不安・自制力・依存性・退行性・攻撃性・社会性・家庭適応・学校適応・体質傾向の11項目にわたり、きめ細かく診断。

幼児総合発達診断検査

所要時間

 

適用年齢

3歳~6歳

3歳から6歳の幼児の発達水準を確かめることによって、適切な保育をしていくことを目的として作成されている。

TK式 幼児発達検査

所要時間

30分

適用年齢

3歳~6歳

幼稚園発達要領にある幼児期に育てたい健康・人間関係・環境・言葉・表現の5領域に基づいて、幼児一人ひとりの発達の様子や特性を捉え、今後の指導のポイントを考える検査。

TOM 心の理論課題検査

所要時間

約10分

適用年齢

3歳~7歳

幼児・児童が人(他者)の意図・思考など、「心の動き」をどのくらい理解できるかを見るために新しく開発されたテスト。

DAM グッドイナフ人物画知能検査

所要時間

約5分

適用年齢

3歳~10歳

人物画(一人の人)を描かせて、50の採点項目から動作性の知的発達水準を測る。慢性脳炎や脳微細損傷の児童を発見にも役立ちます。

 .

PVT-R 絵画語い発達検査

所要時間

 

適用年齢

3歳~12歳3ヶ月

言語の理解力の中でも特に基本的な「語いの理解力」の発達度を短時間に正確に測定します。

PREB 学習レディネス診断検査

所要時間

 

適用年齢

3歳6ヶ月~8歳未満

心理、教育学的検査として、国立特殊教育総合研究所肢体不自由教育研究部が、シェビスの原版をわが国の実情に合うよう翻訳、標準化した検査です。

 

WPPSI 知能診断検査 (ウイプシイ)

所要時間

45分

適用年齢

3歳10ヶ月~7歳1ヶ月

幼児向けの精密な知能検査として高い信頼性と安定性を得ています。保育所、幼稚園、教育相談所、児童相談所、小児病院などの臨床場面で広く活用されています。

PFスタディ(絵画欲求不満テスト)

所要時間

約20分

適用年齢

4歳~

日常的によく経験する欲求不満場面を絵で示し、それに対する被検者の言語的反応を通して人格特徴を評価する。

TK式新幼B 新幼児用知能検査B

所要時間

30分

適用年齢

4歳~6歳

「数」「記憶」「思考」「知覚」の4つの因子より、幼児の知能を測定、診断します。診断プロフィールより、各因子別に報告します。

DTVP フロスティッグ視知覚発達検査

所要時間

30分~40分

適用年齢

4歳~7歳11ヶ月

保育所、幼稚園、小学校低学年の子どもの視知覚上の問題点を発見し、適切な訓練を行うための検査。

描画テスト

所要時間

 

適用年齢

5歳~

描画テストを始めようとする臨床家にとって必須の事項を網羅した解説書。

K-ABC 心理・教育アセスメントバッテリー

所要時間

約30分~60分

適用年齢

5歳~

子どもの知的活動を総合的に評価し、教育・指導に直結させていく為の検査。

BGT ベンダーゲシュタルトテスト

所要時間

約5分

適用年齢

児童用:5歳~10歳

脳器質障害の鑑別、精神病や児童の成熟度の診断に有効です。

 

WISC-IV 知能検査 (ウィスク・フォー)

所要時間

60分~90分

適用年齢

5歳~16歳11ヶ月

WISC-Ⅲの改訂版。2011年1月より発売されています。Ⅲの下位検査に5つの下位検査が追加され、記録用紙の分析ページも修正が加えられています。

DN-CAS 認知評価システム

所要時間

40分~60分

適用年齢

5歳~17歳11ヶ月

DN-CASは、Luriaの神経心理学モデルから導き出されたJ. P.DasのPASSモデルを理論的基礎とする、これまでにない心理検査です。

PRS LD児・ADHD児診断のためのスクリーニングテスト

所要時間

 

適用年齢

5歳~中学生

我が国唯一のLD・ADHD児診断のためのテストです。

TK式 発達状況アセスメント

所要時間

 

適用年齢

幼児

幼稚園指導要録の「幼児期に育てたい心情・意欲・態度の5領域(心身の健康、人とのかかわり、身近な環境とのかかわり、ことばの獲得、感性と表現)」に基づいて作成されている。

ことばのテストえほん

所要時間

5分

適用年齢

幼児~小学校低学年

「話しことばの障害」をできるだけ早期に発見し、適切な指導を行うためのスクリーニング・テストです。

 

 

新版 構音検査

所要時間

 

適用年齢

幼児~小学校低学年

言語臨床の場で、構音障害を評価・診断し、構音治療の適応を判断。さらに、構音治療の具体的方針を得ることを目的とする臨床検査です。

TK式 言語発達診断検査

所要時間

 

適用年齢

幼児~小学校低学年

1.語彙、2.発音、3.音韻分解、4.読字、の4つの角度からことばの発達を診断。

 

TK式 診断的新親子関係検査

所要時間

40分

適用年齢

幼児~中学生

幼児・児童・生徒の持つ性格特性に最も大きな影響を持つ親子関係を診断します。

SCTAW 標準抽象語理解力検査

所要時間

 

適用年齢

幼児~成人

日本ではじめての抽象語のみを刺激とした言語理解検査。特に軽度の言語理解障害等を検出するのに鋭敏。

ロールシャッハテスト(スイス図版)

所要時間

約50分

適用年齢

幼児~成人

個人の人格像を浮き彫りにする人格診断技法の一つで、1921年にスイスのH.Rorschachによって創案され、現在、世界各国で幅広く活用されている。

 

 

内田クレペリン検査

所要時間

約60分

適用年齢

幼児~成人

受験者の潜在的タスクパフォーマンスを測定。

50年以上の歴史がある普遍的な検査。

バウムテスト

所要時間

約3分~

適用年齢

幼児~成人

幼児から成人までにわたり、精神発達遅滞、問題行動、情緒障害、精神障害、神経症などのさまざまな問題をもつ人々に対して実施できる。

 AQ 日本語版 自閉症スペクトラム指数 

所要時間

10分~15分

適用年齢
児童~成人

 研究・臨床の双方で国際的に利用されている自閉症スペクトラム障害のスクリーニング検査です。

Szondi Test ソンディ・テスト

所要時間

約5分~

適用年齢

6歳~

ソンディ・テストは、ハンガリー出身の精神科医であったレオポルド・ソンディにより考案された投映法心理検査です。

Conners 3 日本語版(コナーズ)

所要時間

20分

適用年齢

6歳~18歳

6~18歳の児童・生徒を対象とした、注意欠陥/多動性障害(ADHD)およびADHDと関連性の高い症状を評価する検査です。

 

コース立方体組み合せテスト

所要時間

 

適用年齢

6歳~成人

「分析」と「統合」の能力を測定する速度検査。難聴、言語障害、ろう児用に日本で標準化した検査です。老人の知能測定にも適しています。

BVRT ベントン視覚記銘検査

所要時間

約5分

適用年齢

8歳~成人

ベントン視覚記銘検査は、アイオワ大学神経心理学ベントン教授によって1945年に発表された、高次脳機能障害のスクリーニングとして使われる視覚性記憶の優れた検査である。

DSRS-C バールソン児童用抑うつ性尺度

所要時間

2分

適用年齢

小学生~中学生

児童を対象にしたうつ性自己評価尺度である。

小児ANエゴグラム

所要時間

約5分

適用年齢

小学生~高校生

交流分析(TA)理論に基づいて心の仕組みや働きを判定します。

SCT 精研式文章完成法テスト

所要時間

約60分

適用年齢

小学生~成人

SCTは、知能、性格、意欲、興味・関心、生活史、人生観、心の安定性を含めたトータルな人間像を把握できるように工夫されています。

 

YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)

所要時間

約30分

適用年齢

小学生~成人

アメリカ南カリフォルニア大学心理学教授であったJPギルフォード教授が考案したギルフォード性格検査をモデルとして、京都大学の矢田部教授が着手し、日本の文化環境に合うように標準化された検査です。

 

LDI-R LD判断のための調査票

所要時間

20分~40分

適用年齢

小学1年~中学3年

ご好評をいただいておりますLDIが、中学生用の領域である「英語」「数学」の中学生尺度を新たに加え、<小・中学校対応版>としてリニューアルされました。

CCP 親子関係診断検査

所要時間

20分~40分

適用年齢

小学2年~中学生

子どもが心に描いている親の姿を把握する事を目的とした検査です。

TK式3B 田中B式知能検査

所要時間

40分

適用年齢

小学3年~小学4年

言語的な能力や読字力の差に影響されない非言語式(B式)の知能検査。

 

 

FDT 親子関係診断検査

所要時間

子用:30分
親用:父母各15分

適用年齢

小学4年~高校生

子どもと親ごさまの弱い面と強い面のバランスに注目し、子育てに適した環境かどうかを知ることで支援に役立てられるように構成されている検査です。

EICA 親子関係診断検査

所要時間

30分

適用年齢

小学5年~高校生

子どもが回答していき、子ども自身が親の行動をどのように認知しているかを調べます。

 

日本版BDI-II ベック抑うつ質問票

所要時間

5分~10分

適用年齢

13歳~80歳

「ベック抑うつ質問票」は世界的に最も広く使用されている自記式抑うつ評価尺度です。

 

 

MAS 不安尺度

所要時間

約5分

適用年齢

16歳以上

神経症、精神分裂病、心身症にともなう不安の客観的測定、神経症に対する心理療法の効果の判定や、薬物の心理的影響を調べるのに有効な検査です
ACS 青年期の危機尺度

所要時間

約10分

適用年齢

中1~大学

青年期の心の葛藤・不適応の早期理解に活用できる尺度です。
TDMS-ST 二次元気分尺度

所要時間

約5分

適用年齢

中1~成人

TDMS二次元気分尺度は、被験者による心理状態(気分)のセルフモニタリングを通して、心の「活性度」と「安定度」を測る検査です。

 

3B 新田中B式知能検査

所要時間

40分~50分

適用年齢

中3~成人

言語をあまり使わない、図形や数字などの問題を中心とした検査です。特に集団での実施に適しています。検査では、「図形の認知速度」と「記号情報の思考」、「空間関係の思考」の3つの因子を測ります。

 

STAI 状態・特性不安検査(FormX)

所要時間

約10分

適用年齢

中学生以上

不安の2因子、状態不安と特性不安を別々に測定する尺度で、各20項目から構成されています。
K-SCT 構成的・文章完成法検査 所要時間

 

適用年齢

中学生~成人

被検者の対人関係においてみられる特徴を把握する人格診断検査です。
新版 STAI 状態・特性不安検査

所要時間

約10分

適用年齢

成人

原著者スピルバーガー教授(サウスフロリダ大学)を共同研究者に迎え英語版『STAI-Y』に改良を重ね、日本の文化的要因を考慮して開発した日本語最新版の「状態 - 特性不安検査」です。

TK式 幼児用親子関係検査

所要時間

 30分

適用年齢

幼児をお持ちの保護者対象

父親・母親の養育態度を自己診断、望ましい親のあり方を考察する検査 です。

FOSCOM 対人コミュニケーション行動観察フォーマット

所要時間

 

適用年齢

主に就学前の発達障がいのある幼児

複雑な対人コミュニケーション行動を具体的に記述します。

 

TOPに戻る